「道しるべ・新宿家族会版」について

「フレンズ」ホームページ・メーリングリスト利用者へお願い

趣旨と利用方法

 家族会例会の度に新規入会者などから、「どの医療機関がよいか」という質問が出ています。そこで、みなさんが医療機関にかかった時の体験を共有し、有効活用できないかということで、「道しるべ・新宿家族会版」をつくることになりました。病院や行政機関のほか医師・保健師・福祉関係者個人のリストです。

 同じ病院や保健所でも、医師や担当者によって対応が異なります。絶えず患者や家族の立場に立って、治療に工夫を試みる先進的・良心的医師・保健師・福祉士等がいる一方で、十年一日のごとく旧態依然とした治療を続ける医師や事勿れの福祉関係者もいます。
 特に精神疾患の治療においては、そうした医療関係者や福祉関係者との出会いや相性ともいえる人間関係によって患者の病状、ひいては運命までが大きく変わってしまいます。
 この「道しるべ・新宿家族会版」は良質・悪質の医療機関や保健・福祉機関だけでなく、医師・保健師、ケースワーカーなど精神保健福祉に関わるの個人名も含めた採点リストです。

 この資料は初診や転院時に際して医療機関等をどこにしようか迷っている方に、「道しるべ」となって、利用者自身が納得のいく医療機関・保健所・保健センターなどを検索できるものとします。但し、利用は新宿家族会会員に限って閲覧できます。
 インターネット利用者でデータ記入(送信)のご協力を頂いた方には、1日会員となっていただき、例会開催時に閲覧することができます。

 個人名の表記は、個人の利害得失に大きく関わる問題となるので外部には一切公表しないものとし、あくまで新宿家族会内部資料としての利用と制限がなされます。
 保管については実行委員が責任を持って管理し、閲覧は実行委員にe-mailにて申し込んで行ないます。【フレンズ道しるべ実行委員会<frenz@big.or.jp>】 
 資料データは情報提供者(記入者)の体験上の記述であって、あくまで<参考>というレベルで捉えてください。閲覧後の判断やその後に発生した問題についてはご自身で解決していただき、新宿家族会はその責任を負いかねます。

記入方法

 一病院、または一個人につき1回記入(送信)でお願いします。複数データの送信は大いに歓迎します。

 実体験で得た感想、情報がとても大切なので、他人からの聞き伝えとか、資料からの引用した情報は受け付けられません。必ず実体験でのデータに限ります。施設や個人の医療情報だけでなく、エピソード、嬉しい体験、苦い経験、お役立ち情報なども実体験上の情報でしたら、お寄せください。

 リストは名前だけではなく、具体的に・・・・・・

☆ こういうところがこんな風によかった、

☆ こういうところがこんな風にひどかった、と

☆ 事実に即して

☆ 新しい人にできるだけ多くの情報を

伝えられるように、書いていただければ助かります。

医療機関に関しては、別紙<その2>の項目にもお願いします。

最後に記入者名、連絡先をお書きください。記入者名は事務局が控えた後は削除し、閲覧者には見られない方法をとります。また、閲覧者から、より詳しい情報を得たい旨の希望が出た場合、記入者本人に連絡、確認をとったのち連絡方法をお伝えますので、その際のご協力もお願い申し上げます。

 常に世界から立ち遅れが指摘される日本の精神医療。、その治療のまずさからより不幸な人生を余儀なくした人たち。こうした人たちの体験を活かすことによって、患者、家族、医療機関、そして行政機関、あるいは医療関係者、福祉関係者が一体となって日本の精神医療の質的向上が図れるものと思います。皆様の深いご理解と熱いご支援をお願い申し上げます。


※作成された「道しるべ・新宿家族会版」のコピーと持ち出しは一切認めません。
※資料作成にあたっては精神医療リポーター・月崎時央様のご協力により、同著「正しい精神科のかかり方」を参考としました。

              新宿家族会「道しるべ・新宿家族会版」制作実行委員会



フレンズTopページへ戻る


新宿家族会 E-mail: frenz@big.or.jp