■ 質問箱Q&A ■戻る
回答 きくち小児科医院 菊地浩一

生 活 成長発達 身 体 食 事・睡眠 予防接種 健 康 排せつ病 気 その他


二歳過ぎても二語文が出てこない

こちらの云う事を理解している様ですが、簡単な単語「ママ、パパ、マンマ」しか云いません。性格は人見知りをして、同年令の子どもとうまく遊べないようです。(2才3ヶ月)

言葉の遅れを心配して、小児科を受診される子どもは当院でも、いらっしゃいます。言葉の遅れの原因としては、聴力障害(難聴)、精神遅滞、自閉症などの疾患によることもありますが、当院で出会う子どもの場合は。運動発達に遅れが無く、音に対する反応もよく、発語は少ないけれども親の云う事を理解している(行動から判断する)場合がほとんどです。このような場合を「発達性の言語遅滞」といい、おくればせながらも、言葉がでてきます。意味のある言葉を喋りはじめる時期の個人差は大きく、3歳になってから始めて意味のある言葉を話す場合もありますよ。
御心配な時は、その子の発育状態を知っているかかりつけ医の小児科に御相談下さい。

歯がなかなかはえてこない

ミルクや離乳食をよく摂取し、身体も大きいのですが、まだ歯がはえていません。
気になります。(10ヶ月)

歯の生える時期は、個人差があるようです。
あんがいおかあさんやおとうさんの子どもの頃に似ている事も多いですよ。

1才すぎくらいまで待ってみて、ちっともはえてこないようなら、小児歯科の受診をすすめます。レントゲンで歯の根があるか確認してもらいましょう。

寝る前の激しい首ふり

2歳になった子ですが、5か月頃から寝る前になると左右に首をふります。
最近は激しく50回以上はふります。検診等で相談したことはありますが、様子をみましょうと言われるだけでした。
一度中耳炎になったので、耳鼻科を受診し耳垢をとっているので、耳がいずくて首をふるのではないと思いますが・・・

普段は保育所に行ってますので、寂しいことによるチックなのかもと言う人もい ます。それはあまり気にしないようにしていますが、何かの病気なのか不安ですので、何によるものなのか教えてください。よろしくお願いいたします。 (2才)

生後5カ月よりですから約1年半続いていることになりますね。成長発育歴が記載されていないのですが、検診などで問題ないようなので、現在まで「正常範囲の発育歴」として話を進めます。
 
チックははやくても2才くらいからと思います。生後5カ月からでは考えられないでしょう。

わたしは「くせ」の一種として考えるべきではないかと思います。乳児期のくせとしては、指しゃぶり、噛む、オナニーなどがあり、様子をみているだけで自然になくなってしまうものがほとんどです。

見分けなければならない「くせ」のひとつに早い段階から両親やまわりの人々による「適切な対応」が重要な「リズム運動」あるいは「律動運動性習癖」と呼ばれるものがあ ります。

これはリズミカルに身体を前後左右に揺り動かす(ロッキング)、頭や身体を半回転する(ロウリング)、頭をうち続ける(バンギング)などがあります。
多くは、自分でやりたい事を周囲から止められたり、干渉された時や、就寝時の蒲団のなかでおきることが多いようです。
また指しゃぶりなどに比べて治りにくく、一時症状がなくなっても環境の変化などで再び発症しやすいようです。

生後5カ月と発症がかなり早いこと、最近回数および激しさが増していることなどより放置しておく(様子をみる)には問題があると思います。

もし、お子さんの症状に似てるとお思いでしたら、総合病院の小児科外来の受診をおすすめします。(2001.9)

真性包茎について

泌尿器科へ行ったところ、真性包茎と診断されて、とりあえず1ヶ月ぐらい は手でむいてみて、むけそうにもなかったら手術をした方がいいと言われました。 一日入院というかたちになるみたいで、麻酔は眠らせると言っていました。
これって、全身麻酔の事ですよね?こんな小さい子にいいのでしょうか?
体が小さいだけに麻酔の量のミスなどの心配があります。(2才2ヶ月)

真性包茎と診断されたとのこと、包皮と亀頭がまだ癒着している状態だと思います。だいたい1才位で亀頭が露出できるようになり、3才くらいになると90%以 上がはく離可能になるようです。

3才すぎまで手術を待ってみてはいかがでしょうか?

幼児期の真性包茎で手術をしたほうが良いとされるのは

  1)排尿時にペニスの先端が風船のようにぷわんと膨らむ(包皮の出口が小さい為)
  2)
亀頭包皮炎を何回もくり返す。

以上にあてはまらなければ、気長に(無理をしないこと)入浴時、そっと手でむいてみるのが いいと思います。
 
麻酔に関しては、今の時代は必要なら新生児でも麻酔は可能ですから、心配な事は事前に質問し説明を受けてて安心されると良いと思います。(2001.9)

ちょっと一言!

最近 外来でも「おちんちん」についての質問がよくあります。多くは、包茎だけど 手術したほうがいいか(いつ頃がいいか)、お風呂でどのように洗ったらいいかなど です。

小児科と泌尿器科で少し考え方違ったり、また同じ小児科、泌尿器科でも医師によ って対応が違うこともあるようです。わたしは、手術は泌尿器科だけれど、いろいろな説明は小児科がまずすべきと思います。

まず「包茎」ですが、生まれた赤ちゃんは全員包茎です。
「スポック博士の育 児書」によると、アメリカではユダヤ人は殆ど(宗教的理由)、ユダヤ人以外の人種でも割礼しているようです。目的は、清潔のため、マスターベイションを禁止するため、親もしている等の理由ですが、最近はこれは自然にまかせるという考えから、割礼する人はかなり減ってきてるそうです。

日本の最近の 「オチンチン」にたいする母親(そしてマスコミ、医師など)の関心の高さとは、反 対のような気がします。

生まれたまんまの「オチンチン」は1才くらいまでは包皮がむけない(亀頭と くっついている)ことが多いのですが、3才くらいになると90%以上はむけるようになります。
 
はく離可能になった後は、年令とともに包皮より亀頭部分が大きくなり、亀頭が露出 するようになります。露出しない状態を「仮性包茎」といいますが病気ではありません。

「オチンチン」の洗いかたですが、包皮がはく離していない時は無理して剥こうとせ ず、上(尿道)からお湯をかける程度、はく離可能となった時も包皮を反転してザっと お湯をかける程度でいいと思います。                 

おしゃぶりについて


『おしゃぶり』って何のためにあるのですか?

お友達の子供がおしゃぶりを使っているのですが、顎の発達に影響があるので、しないほうが良いと言う人や、泣いた時に吸わせると良く寝る、など、さまざまな意見も聞くので、先生の考えを教えて下さい。

生後2〜3カ月になると手足の動きが活発になり、「偶然」口に触れた自分の手を吸うようになります。そして生後3〜4カ月になると盛んに「指しゃぶり」をするようになります。

この時期は口(口唇)が最も鋭敏なセンサーで、指に限らずいろんなものを口に入れようとします。この「指しゃぶり」という行為によって、目と手、手と口が連動して動き、赤ちゃんは自分の体を認識していきます。しかし生後6カ月を過ぎ、おすわり、ハイハイと行動範囲が拡がっていくと、周囲に関心が移っていくため指し ゃぶりよりおもしろいものが出現してきて、指しゃぶりはへってきます。またこの時期になると「歯」がはえ始め、口の動きは「なめる」、「吸う」より次第に「かむ」方向へ変化していきます。つまり、6カ月を過ぎると「指しゃぶり」が好きで続ける子と、ほかのことに興味が移ってやめる子に別れてきます。

このように赤ちゃんにとって「指しゃぶり」は、生理的なもの、快楽、遊び、安心感など悪いものではありません。しかし1才過ぎると心理的な側面も出てきて次第に否定的(口はしゃべるところ、手は遊びに使うところ)にとらえられる(欲求不満など)ようになります。

そこで「おしゃぶり」ですが、母親が「指しゃぶり」の代用品として与えたものです。母親がいない時与えて寝かせたり、ようするに赤ちゃんの気持を落ち着かせたり、不安を解消する効果があるのかもしれないと考えます。与えるかどうかは親の判断におまかせしましょう?

僕は、自分の子供には、おしゃぶりを使ったことはありません。

低身長について(2002.5.18)

新聞に低身長について書いていました。実際に低身長かどうかの判断はどのようにする
のですか。また親の身長はどの程度関係しますか。(2歳10ヶ月 男児)

「低身長」かどうかの判断は、医学的には、その同じ年令の平均身長より-2標準偏差以下の場合を低身長と定義しています。

簡単に言えば、子どもの身長や体重についての年令毎の数値(平成12年度成長発育曲線)の3パーセントタイル以下にほぼ、相当します。

大事なことは、今までの身長測定値を発育曲線上に照らし合わせて、身長の発育パターンをみることです。現在は3パーセンタイルに達していないが、発育パターンが次第に3パーセンタイルに近づいている時は注意が必要ですし、ある時から身長の「のび」が急に低下した時も病気がかくれていることもあります。幼児期で は10パーセンタイル前後であれば、すぐに判断しないで今後の経過をみることが必要です。

「低身長」あるいはその疑いがある時は、「成長ホルモン」の不足に原因がある時があります。また女子のTurner症候群(低身長、首や肘の異常)や「軟骨の病気の一種」でも「成長ホルモン」投与が治療として行われています。いずれも大学病院や総合病院小児科で検査が必要です。

しかし低身長でも「成長ホルモン不足」と診断されることは実際は多 くはありません。身長は「家族性」がつよく、両親あるいは片親が小柄(父親160前後、母親148前後)であれば「家族性低身長」の可能性があることも考えられます。

成長曲線と照らし合わせて、身長が低いと感じたら、ことあるごとに計測し、「母子手帳」や幼稚園、保育園の身長計測値を利用して発育曲線上に記載したものを持って、小学校入学前の小児科受診を薦めます。

赤ちゃんの言葉について(喃語=なんご)(2003.1.8)

生後4カ月の子ですが、2カ月くらいから「なんご」が始まり、現在は首もすわりました。最近「なんご」が少なくなったような気がします。
どうしてでしょうか。

1カ月半から2カ月して泣く時以外に「クー」とか「アー」とかの柔らかい声を出し始めますね。これは「クーイング」(適当な日本語がありません)と云われ、「なんご」(喃語と書きます)と言われるものではありません。

この「クーイング」から「喃語」と変わっていくわけです。

喃語(なんご)とは、生後6カ月以降に聞かれだす「多音節」からなる言葉様のものをいいます。
つまり、「アー」「クー」から「アーアーアー」「ダーダーダー」と変わることを「喃語」がでてきたと言います。「アー」と「アーアーアー」の違いは実際に声をだしてみるとわかりますが、声(言葉)を途中で止めなければなりません。赤ちゃんが途中で言葉を止めてリズミックに「アーアーアー」とか「ダーダーダー」と発声するには、手足を活発に動かすことが必要となってきます。おそらく手を見たりしゃぶったり、足を活発に動かしたりする行動がみられると思います。赤ちゃんの笑い(smileではなくlaugh)がでる1カ月くらい前より下肢のリズミカルな動き(蹴り)が出現すると言われています。

これはなかなか大変な努力がいるようですよ。赤ちゃんの発声器官(喉や口腔内)の変化と同時に、周囲の人々の働きかけが重要であることがわかってきました。言葉の発達には、赤ちゃんの運動発達も重要な役割をしています。

ちょっとこのあたりをこころがけて、赤ちゃん体操や一緒にリズミカルな動きの働きかけも続けて下さいね。

奇声をあげる(2005.4.8)

3カ月の赤ちゃんですが、ときどき大きな声で奇声をあげ、顔を赤くしてむせるようになりました。30分くらいも続くこともあり、声帯おかしくならないかと心配です。なにか原因があるのでしょうか。

新生児は上手に口呼吸ができないため叫ぶような声で泣くことしかできません。泣くことをくりかえして少しづつ息を長くはくことを覚えて(息をはくとき声がでます)、泣き方で感情を表現するようになります。つまり親子のコミニュケーションづくりの始まりです。

2カ月ころより「アー」「クー」などの「クーイング」が始まります。「クーイング」は「喃語」(前出)の前段階に相当しますが、「クーイング」に前後して「奇声」が始まります。赤ちゃんの奇声は音声の幅が拡がったり、感情表現が豊かになって意思が加わったことによります。赤ちゃんの発達や、個性の表れと考えることもできるでしょう。声帯を傷めることはないと思います。

視線をあわせない(2005.4.9)


4カ月の赤ちゃんです。2カ月前後からベッドについているガラガラを見て笑うようになりましたが、人にたいしてはめったに笑いません。それどころか目を合わせても顔をそむけたりして視線をそらします。どうしたら目を合わせて笑ってくれますか。


赤ちゃんの笑顔は、生後2カ月ころでは「楽しい」「心地よい」とは無関係な一種の反射的なものと考えられています。3カ月を過ぎるとこちらの働きかけにたいして笑うようになりますが、相手をしっかり認識しているわけではないようです。これが4なし5カ月を過ぎると、ある程度(声やかたち)を認識して反応するようになり、赤ちゃんによっては「ひとみしり」が始まります。
これらの発達は赤ちゃんの個人差による部分が大きく、、母親の受け止め方によっても違いがでてきます。赤ちゃんの「個性」と考え、今までのように辛抱強く微笑みかけることが必要と思います。


| TOP | 院長の部屋|看護婦の部屋|薬の部屋|待合い室|
Copylight(c)2001-2005 きくち小児科医院 All rights reserved.
リンク希望の方はこちら