■ 質問箱Q&A ■戻る
回答 きくち小児科医院 菊地浩一

生 活 成長発達 身 体 食 事・睡眠 予防接種 健 康 排せつ病 気 その他


熱性けいれんについて(1)

高い熱が出た時に、がたがた震えてけいれんかと思ったのですが。(3才)

熱性けいれんの場合は意識がなくなったり、全身が硬直したり(熱性けいれんの説明参照)します。がたがた震えた時に、名前を呼んで分かれば、けいれんではなく「悪寒」といわれる状態だと思います。熱が急激に上昇する時に起こる「さむけ」大人で云うと「ぞくぞくする」感じですので、暖めてあげてください。おこさんが小さいとだっこするのが良いと思います。
悪寒の状態ですでに39度以上の高熱があるので、座薬を使っても良いと思います。さむけが落ち着いたら身体を冷やしてあげて下さい。

溶連菌の検査について

のどの痛み、発熱で病院受診し、のどの検査をしてすぐに溶連菌感染症と診断され、お薬を10日間飲んだ後、三週間後に尿検査をするように云われました。
このあと、薬をのみ終わってからの、のどの検査は必要無いのでしょうか?(7才)

薬を服用後、菌が消えたかどうかの確認の再検査をする必要があるのは、症状の残っている人、または、以前リュウマチ熱にかかって、再発の危険性のある人です。それ以外は、しなくとも良いとおもいます。

というのは、溶連菌は健康な人ののどにも住み着いていることがあり(保菌者)、この場合は治療の対象にはなりません。
治療後、無症状の状態で検査して、仮に陽性だった場合では、ばい菌の数が少ない、単なる保菌状態と考えられ、治療の対象にはなりませんよ。

さらに、この頃(二ー三週間)には、抗体(ASO)も上昇するので溶連菌感染症は発病しないはずです。

溶連菌(ようれんきん)はなんどもかかりますか?

溶連菌感染症(溶れん菌感染症)に何回もなることはありますか

あります。外来でもたまに出会います。

溶れん菌(A群)には80以上の種類が知られており、その一部が人間に感染すると言われています。
最近は外来(迅速)診断が可能で、発病初期より有効な抗生物質が投与されて「すぐ」に溶れん菌がからだから排除されるために、十分な免疫(抗体が作られる)が得られずまた感染するという皮肉な現象もあると言われています。
またいつも咽頭に溶れん菌が住み着いている人がいます。通常は菌の量が少なく症状はありませんが、たまに菌の量が増えて症状(発熱、咽頭痛、頭痛)をあらわすことがあります。健康保菌者ともいい、通常(症状のない時)は他の人にうつすことはなく、またリウマチ熱などの合併症もなく、治療の対象にはなりません。

くりかえすヘルペス性歯肉口内炎について

以前、水痘とヘルペス性 歯肉口内炎を併発して以来、毎月風邪をひくたびにヘルペス性歯肉口 内炎を発症します。もともと食も細くアレルギー体質で風邪もひきやすい方です。これからもま た風邪のたびにヘルペス性歯肉口内炎をくりかえすのでしょうか? また完治させるためには薬のほかに何が必要でしょうか?(3歳9ヶ月)

単純ヘルペスウイルスの初感染は多くの場合乳幼 児期に起こりますが、その大部分は症状はありません(不けんせい感染)。「ヘルペス性歯肉口内炎」(発熱、はぐきの腫れ、よだれ、痛み、出血)の症状を呈するのはごく少数です。

感染したウイルスは三叉神経の神経節に一生住み続け、 体調の悪い時再発することがありますが、「歯肉口内炎」ではなく「口唇ヘルペス」(くちびるにぽつぽつ)の 病型が殆どです。
 
おそらく風邪をひかなくなる(免疫力がついてくる)にしたがい、再発は減って くると思います。神経節に住みついているウイルスを殺してしまう(完治)ことはできないと思います。ウ イルスが活性化するのを押さえ込む体力(免疫力)を個体が持つことが必要と思います。

このように、いったん身体の中に入ったウイルスが、その人に一生すみ続ける場合は、他のウイルスでもみられます。(肝炎ウイルス、水疱瘡ウイルなど、)(2001/7/2)


停留睾丸(精巣)について


1歳の子ですが、停留睾丸(精巣)が以前より指摘されていました。1歳の健診の時できるだけはやく手術するように言われました。まだ小さいので手術が心配です。もう少し待ってはだめでしょうか。


停留睾丸(精巣)の手術時期については以前から比べると次第に「早期」になってきています。最近の研究ではお腹のなかに存在する睾丸(精巣)では、生後9カ月くらいであきらかに変化がおきていることがわかってきました。
以前は1歳半くらいまで睾丸(精巣)が降りてくるのを待って2歳前後に手術するのがふつうでしたが、
近頃はできるだけ早く(1歳前後)に手術を勧めるようになってきています。手術自体は危険性は高くなく手術されることを勧めます。(2004.3.7)

熱性けいれんについて(2)

1歳半の子供が突然の高熱でけいれんを起こし救急車で病院へ運ばれました。解熱剤だけ処方されて帰りましたが、帰宅後再びけいれんを起こし、半日のあいだに結局5回起こしました。検査のため入院しましたがとくに異常はなく、熱性けいれんと診断されました。
ふつうは一回と聞いていますが、一日に何回も起こすことはあるのでしょうか。将来なにか問題は起きないでしょうか。(2005.4.8)


熱性けいれんかどうかは、(1)年齢(生後6カ月から5歳ころまで)、(2)体温(38度以上)、(3)けいれんを起こす可能性のある病気(頭蓋内感染症や電解質異常)ではないことを確認して、診断されます。ふつうは一回ですが一日に数回起こしたり、けいれんの持続時間が長い(20分以上)こともあります。(熱性けいれんの説明参照)
 症状がふつうと違うときは(回数や持続時間など)、再発の可能性が心配されます。

わが国の熱性痙攣の発症頻度は、小児人口の約3%といわれており、そのうちの半分の子が再発するといわれております。再発の危険因子として、(1)1歳未満の早期発症、(2)両親や兄弟にけいれんの既往がある、(3)熱性けいれん前より発達の遅れや神経異常があるときなどがあります。とくに三番目の要因は「てんかんへの移行」に注意が必要です。これ以外(回数や持続時間など)は再発の要因としてそれほど大きくはありません。

お子さんの場合「複合型の熱性けいれん」と呼ぶことがあり、以前は抗けいれん剤の内服(2年くらい)を勧められることもありましたが、最近は「けいれん止め」の座剤を使って様子をみるようになりました。


| TOP | 院長の部屋|看護婦の部屋|薬の部屋|待合い室|
Copylight(c)2001-2005 きくち小児科医院 All rights reserved.
リンク希望の方はこちら