Home > DS > 大神伝 ~小さき太陽~ クリアした

大神伝 ~小さき太陽~ クリアした

  • Posted by: まじま
  • 2010年10月 9日 01:19
  • DS

「大神伝 ~小さき太陽~」、クリアした!

ハードをDSに移して、カメラが固定になったり、
マップが狭くなったりしてるけど、良くも悪くも再現度が高いよ。

「筆しらべ」がタッチペン入力になったことで、
格段に書きやすくなったし、認識力も向上しているような気もした。
相変わらず雷落とすのが上手くいかないんだけど、必要な場面も無いから、まあ、いいか。

大神のスタッフはカプコンには残っていないんだっけ?
今回の大神伝は、大神が好きな現カプコンスタッフが開発したものです。

システム面は、性能の許す限り前作を踏襲していて、ほとんど新鮮さは無い。

武器の強化が妖怪素材になったのに、「トドメの一撃」に関するヒントが少な過ぎると思う。
もっとも、積極的に敵と戦闘して、きっちりトドメを刺していけば、クリア前にフル改造できるようにはなってる。

お金は全然使わなくなったと思ったら、一部の筆しらべが店売りになってて、しかも、結構なお値段。
クリアに必須ではないけど、きっちり買っていけば、敵を簡単に倒せるし、妖怪素材も取りやすくなります。


ストーリーは、前作よりもテーマがはっきりしてて、まとまってたと思う。
ってか、前作は最後の最後にイッスンが盛り上げただけで、あんまり心に響くものは無かった。

相棒が5人に増えて、それぞれのキャラで同じテーマを掘り下げていくから、
ダラダラと鬱展開が続くようなことも無く、テンポよく話が進んでいったのかな。

ただ、前作やってない人には意味不明な部分も多いようにも思う。
いくら大神大好きスタッフが作ったとはいえ、二次創作的なノリは控えて欲しかった。

話は終わらないどころか、クニヌシ関連のイベントを一切消化してないんだよなぁ...
そもそも、本当にメインの相棒なのか?ってくらい出番も無い。
この終わり方を見る限りでは続編を作る気満々なんだろうけど、
システム面は進化してなかった分、敵やギミックのネタが尽きてきてるんじゃね?

後戻りできない場所が多かったり、会話が自動送りばっかりだったのが不満といえば不満。


DS版ゼルダのように操作をタッチペン一本に絞った方が良かったと思うんだけど、
ただでさえゼルダっぽいゲームなんだから、それくらいは差別化しておいた方が良い、か。

思ったよりは楽しめたけど、二周目をやりたい!って程でもないかな。
GEB体験版とか、積みプラモとか、他にもいろいろやりたいことが溜まってるってのもあるけどね。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www15.big.or.jp/~nmajima/cgi/mt5/mt-tb.cgi/88
Listed below are links to weblogs that reference
大神伝 ~小さき太陽~ クリアした from 馬屋4 - Do you have dependable friends? -

Home > DS > 大神伝 ~小さき太陽~ クリアした

Search
Feeds

Return to page top