[English] [Japanese]

Linux CD-ROM ゲームシステム

 
  YAMAMORI Takenori ●yamamori@kt.rim.or.jp
●Linux CD-ROMゲームシステムとは

Linuxのゲームで気軽に遊びたい。 でも、そのためにLinuxをインストールするのは面倒だと思ったことはないだろうか。 たとえば家庭用ゲーム機のように、 CD-ROMをドライブに入れるだけでブートし、Linuxゲームが立ち上がる ようになればとても嬉しい。そこで、さっそくそのようなシステムを作ってみた。

CD-ROMの中には、Linuxゲームはもちろん、それを動かすためのLinuxが、 OSまるごとインストール済みで入っている。 このCD-ROMからブートするとそのままゲームができる。 ということはすなわち、 ハードディスクを使わない ということなのだ。PCに接続されたHDDには、Windowsがインストールされていても 構わない。それとは無関係に、CD-ROMからゲームシステムが起動するのだ。

せっかくなので、もっとゲーム機らしくしてある。つまり、 login不要 なのだ。CD-ROMからブートすると、login画面は出ずにそのまま ゲームが起動する。LinuxとはいえUNIXである以上、loginするのが当たりまえ と思われるかも知れないが、実はこれはうまく設定すればlogin不要にできるのだ。

ところで、CD-ROMのみのシステムだと、ファイルがすべてリードオンリーだから ハイスコアその他ゲームのデータをセーブできないのではないだろうか? 心配御無用、 データはFDにセーブされる ようになっている。

このCD-ROMゲームシステムを一度作っておけば、PCを持っている友達のところに CD-ROMを持ち運んで、そこで、 インストールすることなしにLinuxゲームを楽しむ こともできる。

ただし、ちょっと注意点がある。それは、PCの場合、 家庭用ゲーム機とは違って、ビデオカードとかサウンドカードとか、 ハードウェアの構成を特定できないということだ。

Xの設定やサウンドカードの設定は、自分のPCに合わせて行なって それをCD-ROMに固定するため、自分のPCに似たハード構成のPCでないと、 ゲームが完全には起動しない可能性がある。

しかし、自分のPCだけで考えたとしても、HDDの内容に関わらず、 いつでもCD-ROMからゲームができるというのは大変魅力的であるはずだ。

それではさっそく、このCD-ROMゲームシステムの作り方を紹介しよう。

どうやって作るのか?
To 『Linux CD-ROM ゲームシステム』index


このページは、(株)アスキー TECH Linux Vol. 2 『CD-ROMだけですぐに遊べる! Linux ゲームシステム全解説!!』の原稿を元に、Web 用に再構成したものです。
To 謎の処理系 SunOS 4.1.4 Home
YAMAMORI Takenori 山森丈範
yamamori@kt.rim.or.jp