Index に戻る 悪徳商法 事例集 よくある質問 連絡先/ご相談
太陽熱温水器 訪問販売
(太陽光温水器 ソーラーシステム 屋根リフォーム工事)
太陽エネルギーを利用する機器として、太陽光発電が普及していますが、
従来からある機器として、【太陽熱温水器】 があります。

太陽熱温水器は、訪問販売でも多く扱われている商品ですが、
エネルギー変換効率が高く、太陽光発電システムに先駆けて
一般家庭に普及した実績を持ちます。

太陽熱温水器 太陽光を熱源として利用し、お湯を沸かす
太陽光発電 太陽電池パネルで、太陽光を電気に変換する

太陽熱温水器は愛用者も多く、評価されている商品ですが、
過去に、訪問販売で多数の契約トラブルが発生し、
行政処分など、社会問題にもなったため、
いまだに太陽熱温水器に残念なイメージを持つ方も少なくありません。

もちろん、太陽熱温水器それ自体に問題がある訳ではありません。
しかし、一部訪問販売業者により、強引な勧誘が行われるケースも
目立ち、今もクーリングオフに関するご相談が寄せられています。

太陽熱温水器・ソーラーシステムの訪問販売について、
クーリングオフ代行の依頼理由で多いものは

しつこい訪問販売に遭ってしまい、断りきれなかった
契約金額が高すぎるので、やはりもう一度考えたい。

というものです。

【一部の悪質な訪問販売について】

太陽熱温水器の訪問販売で問題となるケースとしては、
やはり、しつこい勧誘、長時間の勧誘が挙げられます。

強引な訪問販売 しつこい勧誘。長時間居座り、しつこく勧誘するケース
断られても、何度も訪問して、繰り返し勧誘するケース
やはり、強引な勧誘に関するご相談が目立ちます。
販売目的を隠し
接近し勧誘する
「ボイラーを点検する」「給湯設備の点検をしている」
などの、別の名目で訪問して油断させ、
突然、太陽熱温水器の勧誘を開始するケース。
点検商法 既に設置されている他社の太陽熱温水器について、
関係者を装い、定期メンテナンスの名目で訪問し、
「この機器はもう寿命です。買い換える必要がある」
「配管がだめになっていて、水漏れしている」

などと嘘をいい、自社の太陽熱温水器に買い換えるよう
勧誘をするケース
2次被害 「あなたが過去に契約した会社は倒産しました」
「当社が倒産会社からメンテナンスを引き継ぎました」
などと告げて訪問し、
「この機器はもう寿命です。配管が傷んでいます」
「このまま放置すると、水漏れで屋根が腐り始めます」
「部品を多数交換する必要がありますが、
 この会社は倒産してしまいましたので
 部品が手に入りません」
「部品なしで修理しても仕方ありませんので、
 この太陽熱温水器の後継機種、
 新型に買い換えたほうがいい」

などと、自社の太陽熱温水器に買い換えるよう
勧誘するケース。
見本工事商法 「このお宅は、とても立地がよいですね」
「お宅の立地であれば当社商品のアピールになります」
「特別に、モデル工事として、モニター価格で工事します」
などと偽り、勧誘するケース


また、最近は、太陽熱温水器の契約者を狙った2次被害が増えています。

太陽熱温水器のクリーニング
太陽熱温水器の配管が傷んでいる、錆びている、
水が詰まっているなどと勧誘する配水管洗浄
太陽熱温水器の配管に付ければ、機器の寿命が
長くなるとして勧誘する、磁気活水器の訪問販売
太陽熱温水器に循環させる水の為に必要だとして
勧誘する、浄水器の訪問販売

など、訪問販売による2次勧誘のご相談が多くなっています。

一時期と比べ、太陽熱温水器の新規契約者は減少傾向にありますが、

過去に太陽熱温水器の契約をしたことがある
屋根に太陽熱温水器が載っている家

世帯は、残念なことに、訪問販売業者のターゲットとなりやすく、
下記のような2次勧誘を受けるケースが増えています。

太陽熱温水器

2次被害
太陽熱温水器のメンテナンス名目の訪問販売
太陽熱温水器のメンテナンス名目で訪問し、
高額なクリーニング・配管洗浄を行うケース
「倒産したメーカーの管財人からメンテナンスを任された」
「行政処分を受けた販売店が倒産し、契約を受け継いだ」
などと偽り、新たな太陽熱温水器や太陽光発電を勧誘したり、
配管やタンク内のクリーニングや、磁気活水器を勧誘するケース
雑菌が繁殖している、赤錆が発生している、配管が傷んでいる
などと不安感を煽り、高額な配管洗浄の勧誘を行うケース
配管に取り付ける磁気活水器の訪問販売
太陽熱温水器の配管に磁気活水器を取り付けることで、
配管やタンク内に赤錆やぬめりが発生することを防げる、
太陽熱温水器の寿命を伸ばすことができる、と勧誘するケース
浄水器・浄水装置の訪問販売
水に不純物が含まれており、ろ過しないと配管が詰まる、
雑菌が繁殖しやすいので、このままでは病気になる、
などと不安感を煽り、浄水器・浄水装置を勧誘するケース



【クーリングオフ】

太陽熱温水器の訪問販売、
磁気活水器、配管洗浄の訪問販売は、
申込書 (契約書) を受領した日を含む 8日間以内 であれば、
クーリングオフの対象となります。
その場合、違約金・損害賠償等の支払義務はありません。

クーリングオフは、必ず書面 (クーリングオフの通知書)を
発信 (郵便局から発送)することにより行う必要があります。
業者に電話で申し出たり、担当者に連絡するのではありません。
また、ハガキよりも、内容証明郵便 による手続が確実です。
クーリングオフとは、申し込みの撤回、契約解除の証拠書類を、
業者に頼らずに、自ら確保する自己防衛の手続です。
当事務所にクーリングオフ手続代行を依頼する最大のメリットは、

 クーリングオフ妨害の抑止効果
 4000件を越すクーリングオフ手続代行の実績と経験
 迅速な手続 (土日祝日や夜間も発送手続対応)

契約者本人からの手続きと、
第三者である専門事務所による内容証明郵便、
業者側の対応は必ずしも同じではありません。

単に書き方だけでなく、「誰が手続きをしたのか」 という点も
確実なクーリングオフの重要なポイントとなります。

当事務所では4000件を超すクーリングオフ手続代行の実績が
ありますので、過去の取扱事例がトラブル回避に役立ちます。

クーリングオフ妨害・再説得の抑止効果により、
通知書を出した後の不快な負担も軽減することができます。

電話は深夜2時まで対応です。まずはお気軽にご相談下さい。
ご相談に費用は必要ありません。

 ご依頼とご相談の流れ  クーリングオフ よくある質問