基本を再チェック〜gcc〜

YAMAMORI Takenori ●yamamori@kt.rim.or.jp

このページは、技術評論社 Software Design 2001年2月号、『プログラムのコンパイルとリンク』の原稿を元に、Web 用に再構成したものです。


このページでは初心に立ち返り, GNUのCコンパイラであるgccを用いて, プログラムをコンパイルするための基本を解説します.

以上,gccを直接使う方法を解説しましたが, 実際に各種フリーソフトウェアなどをソースからコンパイルする際には, Makefileを使ったmakeを用いるのが普通です. さらに,そのMakefileも,GNUのautoconfとか,Imakefileとかによって OS環境の差異を吸収して自動作成するのが普通です. しかしながら,Makefileなしでもかなり面白いことができ, gccの基本の再発見として参考になれば幸いです.

■参考ページ gccクロスコンパイラ
| Free Solaris 7 | Free Solaris 7(ja) | Solaris 8 | Solaris 9 | Solaris 10 | CD-R(cdrecord/mkisofs) | CD-ROM game system | VMware/Bochs | PXE/diskless | gcc | booting PC UNIX | dialup PPxP | SunOS MO | SunOS 4.1.4 | CD bootable Linux | rescue HDD by CD-linux | QEMU |

To 謎の処理系 SunOS 4.1.4 with Linux/FreeBSD[Home]
yamamori@kt.rim.or.jp